ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  パグをペットとして迎える方へ

スポンサードリンク

パグをペットとして迎える方へ

パグは、ペットの犬種としてとても人気のあるワンちゃんである。
パグの性質や、飼い方についてお話したいと思う。

パグの特徴はつぶれた鼻と、愛くるしい顔、丸い大きな目である。
顔は深いシワが刻まれていて、黒々しているほどいいと言われている。横からみる鼻がとまっ平らで、薄い垂れた耳はやわらかく、短い体にはたくましさもある。つやつやとした短い被毛はやわらかく、毛色はフォーン、銀色、アプリコット、黒になる。
四肢はしっかりしていて、尾はつく位置が高く、二重に巻かれている。

パグの性格は、やんちゃよりも落ち着いている。比較的ペットとして飼いやすい種類のワンちゃんである。
陽気で無邪気な一面がある。しつけは素直なので、すぐに覚えるであろう。パグは暑さや寒さに弱いので体調管理はしっかりとしてあげてください。プライドが高く頑固でワガママな所もある。パグはしつけがしやすく、ついつい甘やかしてしまう飼い主もいるが、わがままになったり、太りすぎたりしてしまうので、しつけはしっかり行って下さいね。
パグはいびきをかく。そこもまた可愛いのだが、寝るときはペット飼い主の部屋は別々の方がいいかもしれない。

パグは手入れが簡単である。体臭も少なく、たまに適温の蒸しタオルなどで体を拭いてあげるといいであろう。
鼻の上などのシワの間は、丹念に拭いてください。食事が入り込んでいることがある。
ブラッシングには、皮膚を傷めない用具で行ってください。ツヤが出る獣毛ブラシがいいと思う。
シャンプーは必要なときに行い目安としては、1ヵ月に1度程度と考えてください。
耳の掃除は、イヤーローションをつけた綿棒などでやさしく拭いてください。

パグの運動は1日20〜30分程度でいいであろう。
あまり暑い日や寒い日は、部屋の中で遊ばせたほうがいいかもしれませんね。
食事は1日1、2回を目安とし、成犬は夕方の1回でいいであろう。太りやすい犬種なので、与えすぎないように注意してくださいね。

ペットとしてワンちゃんを迎えたら、老犬になっても最後まで愛情を注いで可愛がってください。
それは飼い主として当たり前のことである。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  パグをペットとして迎える方へ

Google

カテゴリー