ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  犬をペットとして迎える前に

スポンサードリンク

犬をペットとして迎える前に

ペットを迎える前に、もう1度皆さんに考えて欲しいと思う。
ペットは自分の寂しさを分かち合う物ではなく、人間と同じ生き物であることを忘れないで下さい。
子犬の時は、かわいくて当たり前である。小型犬でも半年を過ぎれば立派な大人の犬になる。小さい姿はほんのわずかな期間である。
家にいつもお留守番させているわけにはいきない。大型犬なら1日3回、小型犬でも1日一回は散歩に連れて行かなければ、ペットにもストレスがかかる。ペットを迎える前に自分の生活スタイルをよく考えてから飼って欲しいと思う。

では犬を飼いたいと思った方に、ペットを迎える前にしなければならない事をお話したいと思う。

室内犬を飼いたい方は、最初に犬種を選びますね。
顔がかわいいから、小さいからだけで選ぶのではなく、犬の性質をまずは調べてください。
元々犬とは、昔から人間と共に行動してきた動物である。犬の中には人間の目的のために、本能、習性、性質など強化して出来た犬種もいる。今人気のダックスフンドは、脚が短くとても小さな体をしている。しかし脚が短く胴が長い体の理由は、もって生まれた性質がアナグマを捕まえる狩猟犬だからである。ドイツ語でアナグマはダックスという名前を示する。ダックスは小さい体のわりに、持久力やスタミナが十分にある。かわいくておとなしく見えますが、実はとてもやんちゃな犬なのである。布団やソファを掘ったりする行動がよく見受けられる。走る時はスピードもあり、しっかりとしたしつけが必要である。性格もあるかと思うが、ダックスは人が来ると吠えることがある。食事もしっかり管理しないと肥満になりやすい犬種なのである。

他にも、人を守るために作られた護衛犬や、牧畜を守るために作られた牧畜犬などさまざまな犬達がいる。
犬の性質には必ず特徴があるので、犬種ごとの習性や本能を調べてから、ペットとして迎えてあげてください。
ペットは10年以上家族として一緒に暮らする。老後の面倒も責任を持ち、たくさんわんちゃんを可愛がってあげてくださいね。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  犬をペットとして迎える前に

Google

カテゴリー