焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  焼酎

スポンサードリンク

焼酎

焼酎は酒税法で定められた分類によって2種類に分けられます。
1つは、連続式蒸留焼酎、そしてもう1つは単式蒸留焼酎です。
平成18年の酒税法が改正されました。従来「焼酎乙類」、「焼酎甲類」と区分されていたものが、「連続式蒸留焼酎」、「単式蒸留焼酎」に変更されました。
ただ、表示上は今までの「焼酎乙類」「焼酎甲類」を使ってもよいことになっています。

連続式蒸留焼酎は甲類焼酎とも呼ばれています。アルコール度数は35度未満と定められています。
連続式蒸留機で蒸留すると、きわめて純度の高いアルコールを得ることができます。
それを水で希釈し、アルコール度数を調整します。

単式蒸留焼酎は単式蒸留機を使って造られます。乙類焼酎とも呼ばれます。
アルコール度数は35〜45度です。
単式蒸留機は蒸留機の構造が単純です。そのため、原料の香味成分が溶け込みやすく、特有の芳香と風味を持った焼酎を造ることが出来ます。
単式蒸留はなんと500年前から造られている伝統的な製法です。
さらにこの単式蒸留焼酎の中でも、酒税法に定められた「伝統的」な原料から造られたものかつ、伝統的な手法である麹を用いて糖化したものという2つの条件を満たしたものは本格焼酎と表示されます。
本格焼酎は「伝統的」な原料である芋や米、黒糖などを発酵させて蒸留したものです。
それぞれの原料ごとに、米焼酎、いも焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎などと呼ばれます。
そして、もう1つ、高粱米を原料として製造した麹を蒸留して造られたものは「泡盛」と呼びます。
特に、沖縄県で製造したものには「琉球泡盛」の表示がされています。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  焼酎

Google

カテゴリー

更新履歴