焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  人気の焼酎

スポンサードリンク

人気の焼酎

2007年は佐賀県で青春・佐賀総体が開催されます。
そんな佐賀県で造られている幻の焼酎をご存じでしょうか。
その名も「菱娘」です。
原料の「菱」、聞き慣れないですが、実は水草の一種だそうです。
佐賀県では減反政策の転作田として菱の栽培が始められました。
佐賀平野に広がるクリークと呼ばれる堀で、半切桶に乗って菱の実をとる姿は、佐賀の風物詩となっているそうです。
菱は、農薬を散布すると枯れてしまうという非常に繊細な植物です。
民間療法ではガンの鎮痛薬の原料としても使用されているとのこと。
その菱の実の最上質のデンプンを原料にした焼酎が「菱娘」なのです。

この菱娘が造られているのは田中酒造のみです。
あの「かばいばあちゃん」のロケ地だったそうですよ。
肥前酒販の古賀氏から田中酒造へ菱焼酎製造の依頼があり、「菱娘」が生まれたそうです。
なんと3年の歳月を経て誕生しました。
20年売れ続けているロングヒット商品です。

菱焼酎は焼酎独特の臭みがなく、ほのかな菱の香り・水草の香りが特徴です。
まろやかで、切れが良く、さっぱりした口当たりは非常に飲みやすく、杯が進みます。
飲み方はロック・水割りがお薦めです。

なかなか手に入らない幻の焼酎「菱娘」。
その菱焼酎と人気の米焼酎をブレンドした新商品も発売されているそうです。
その名も「ひしやんよう」。
さらに「菱娘」を熟成させた高級限定焼酎「ひし美人」も発売中だとか。
是非一度飲んでみてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  人気の焼酎

Google

カテゴリー

更新履歴