焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  焼酎の飲み方

スポンサードリンク

焼酎の飲み方


焼酎ブームは相変わらず続いていますね。
今日はそんな焼酎の飲み方についてお話しします。

焼酎はいろいろな飲み方が出来ます。
そのまま生(き)で飲んだり、薄めたり、冷やし立ても温めてもOKです。
各銘柄の特徴にあわせたり、その日の体調や気分によっても飲み方を変えたり、自分の好みでやれるのが焼酎です。
一本でいろいろな飲み方が楽しめます。大勢で集まって飲むときなど、それぞれの好みに応じて飲むことが出来る焼酎はうってつけのお酒でしょう。
また、お湯割りで飲んでちょっと違うなぁと思った焼酎も、ロックにすると自分にぴったりの焼酎に変わることもあります。割り方の比率で味が大きく変わることも。
色々試して自分にぴったりの、また、その焼酎の魅力を最大限に活かした飲み方を見つける、そんな楽しみができるのも焼酎ならではでしょう。

飲み方は自由が基本ですが、初めて飲む銘柄はまず生(き)で飲んでみてはいかがでしょう。
色味や油分の浮きなどの見た目やその焼酎の香りを確かめ、口に含んで舌全体に転がす。
そして鼻で風味を確認して最後に飲み込んでのどごしを確かめる。こうすることで、五感で焼酎を感じることができ、その焼酎の数え切れないほどの情報を得ることができます。
また、焼酎のグラスにもこだわってみてはいかがでしょう。
生(き)で飲むときにはウィスキー用のショットグラス、ロックなら氷の当たる音色が美しく響くグラスを、といった風に、飲み方によってグラスを変えてみると、焼酎をさらにおいしく、楽しく飲むことができますよ。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  焼酎の飲み方

Google

カテゴリー

更新履歴