焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  鹿児島焼酎

スポンサードリンク

鹿児島焼酎

鹿児島県は芋焼酎の産地として有名です。
鹿児島ではお酒といえば焼酎をさすというくらい焼酎が飲まれています。
鹿児島には100以上の蔵元があるそう。
鹿児島といえばいわずと知れたサツマイモの産地。その年にとれたサツマイモで新酒を楽しむ風習があるそうです。

サツマイモは傷みやすいため鮮度が命。朝掘った芋をすぐに蔵元に移して焼酎用に処理するのが理想とされています。
鹿児島の芋焼酎はまさに鹿児島でしか造れないのです。

鹿児島で焼酎が造られはじめたのは今から500年ほど前といわれています。
当時は米やほかの穀物で焼酎を造っていました。
しかし、火山灰で覆われたシラス台地で米の生産は困難でした。そこで、サツマイモが栽培され始めたのが18世紀はじめのことです。
それ以降、焼酎にサツマイモが使われるようになりました。
焼酎にはさまざまな品種の芋が使われています。焼酎用に品種改良を重ね、現在の芋焼酎ができあがりました。
独特のくせやにおいのため、芋焼酎が敬遠された時代もありましたが、焼酎ブームなどにのり、風味と味わいが再認識され始めています。

鹿児島でもう1つ有名なのは奄美諸島でしか造られることが許可されていない黒糖焼酎です。
17世紀はじめから造られて来たといわれている黒糖焼酎。
奄美の人々にとっては日常に欠かせない飲み物として生活の一部になっていました。
戦後、奄美諸島が日本に返還された際に、酒税法上、黒糖焼酎はスピリッツと分類され、酒税が高くなってしまうという問題が発生しました。
しかし、米麹を使用することを条件に、特例として、黒糖焼酎は乙類焼酎の分類となり、名実共に本格焼酎として認められました。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  鹿児島焼酎

Google

カテゴリー

更新履歴