焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  麦焼酎

スポンサードリンク

麦焼酎

麦焼酎について今日はご紹介いたします。

まずは原料の麦について。
麦常駐の原料は大麦を使います。しかし、麦飯や麦茶などに使われている六条大麦ではなく、ビールの原料にも使われる二条大麦を使用しています。
この二条や六条は、穂に付く小花の並び方から来ているそうです。
二条大麦は表面の殻が薄くて、六条大麦と比べて粒が大きくやわらかいです。また、でんぷん質の含有率が高くて、たんぱく質が低いのが良質の大麦とされています。
二条は寒さに弱いため、西日本で栽培されることが多いです。
麦焼酎はこの麦独特の香りを持ち、まろやかで甘味があり、また、淡麗で軽やかな風味が特徴です。

麦焼酎の主な産地は大分県と長崎県の壱岐島が挙げられます。
大分県の麦焼酎は1970年代から急成長してきました。麦100%の麦焼酎が主流となっています。
減圧蒸留という製法で造られたくせがなく、ライトな口当たりが人気です。
一方、壱岐の麦焼酎は歴史が古く、島の文化として定着しており、「壱岐焼酎」と呼ばれ、産地指定を受けています。
壱岐焼酎には厳しい決まりがあって、原料に米と麦を1:2の割合で用い、島内の水を使って仕込んで、島内で蒸留・容器詰めをしたものだけが「壱岐焼酎」と名乗ることを許されます。
米麹を使うことで味わいに幅と奥行きを持たせる、これが壱岐焼酎の持ち味です。

かつて、麦焼酎は麦の特徴が色濃く出るくせの強い焼酎だったため、あまり一般的に飲まれることはありませんでした。
蒸留や貯蔵の技術の進歩により、飲みやすい麦焼酎が生まれ、現在のように広く飲まれるようになったそうです。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  麦焼酎

Google

カテゴリー

更新履歴