焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  黒糖焼酎

スポンサードリンク

黒糖焼酎

奄美地方でお酒といえば黒糖焼酎をさすそうです。
方言では「セエ」と呼ばれています。
そんな「セエ」について今日はお話いたします。

焼酎の由来を皆さんはご存知ですか?
焼酎は今から約500年前にシャムから沖縄に伝えられたとされています。
その後、奄美諸島に伝来し、製法技術に改良工夫を重ねて、現在の本格黒糖焼酎が生まれました。
奄美諸島が戦後、アメリカから返還されていたときに、奄美の主要農産物である黒糖を使って焼酎を製造していた実績が評価されて、黒糖を原料にした酒類製造は酒税法で奄美諸島だけに認められたそうです。

「セエ」は旧暦10月ころから仕込みが始まります。
島全体が甘い香りに包まれ、今年もよいセエができますように、と人々は祈り、この季節を温かく迎えます。
大切に守り続けられてきた黒糖焼酎は自然とともにあるすばらしさを私たちに語りかけてきます。

黒糖焼酎には、ショ糖、ブドウ糖、果糖などが含まれています。
そのほかにも、カルシウム、カリウム、ビタミンB、ミネラルなどが含まれており、黒糖焼酎が健康によいといわれるゆえんとなっています。
体力の維持増進や抗ストレス性、虫歯の減少効果などが認められています。また、寿命の延長にも効果があることでも知られています。
奄美の人が長生きなのは黒糖焼酎を飲んでいるからかもしれませんね。

黒糖焼酎の飲み方もお湯割り、オンザロック、カクテルなど色々楽しめます。
天然のアルコールなので、お湯で割っても風味や香りはそのまま、ロックで飲むときりっとした冷たさで、本物の風味がストレートに味わえます。

スポンサードリンク

関連エントリー

焼酎・芋・回廊etcTop >  焼酎 >  黒糖焼酎

Google

カテゴリー

更新履歴