ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・ミニ

スポンサードリンク

ルイヴィトン、モノグラム・ミニ

ルイヴィトン、モノグラム・ミニは2000年の春夏コレクションで登場したのが始まりである。
コットン・キャンバスに織り込んだ小さなロゴはキュートなデザインで、すぐに人気が出ます。
当初のモノグラム・ミニはブルーのコットン・キャンバス地とヌメ革の組み合わせだった。しかし2001年に新色のチェリーとカーキーが加わり、ヌメ革から同色系のレザーに変わる。このラインが定番になった。そして2003年は素材が変わる。コットン・キャンバスから化学繊維のポリアミドに変化し、カジュアルなラインで多くの女性から支持を受けた。しかし2006年には廃盤となり現在新しいデザインはない。

■ルイヴィトン、モノグラム・ミニのカラーバリエーション
2000年の初期カラーはブルー、2001年はスリーズとカーキが登場する。2002年はTSTブルーとTSTカーキ、2004年はベージュ、2005年はノワールのカラーが登場した。

■ルイヴィトンモノグラム・ミニスペシャルコレクション

モノグラム・ミニの初期はマリーが流行した。スポーティなデザインのバックである。
発売当初は、連日完売の状態が続くほどの人気だった。

コント・ドゥ・フェ シリーズとは2002年にマーク・ジェイコブスとジュリー・ヴァーフーヴァンのコラボレートで作られた作品である。モノグラム・ミニ キャンバスをベースにして、お伽話モチーフとしたキャラクターを表現している。

蛍光色カラーのモノグラム・ミニは2004年のクルーズコレクションで登場した。
発売当初からの大人気は今でも探している人が多く人気のデザインである。カラーはストロベリーとアーモンドグリーンで展開された。

モノグラム・ミニ・イニシャルは2005年に発表されたメンズラインである。LVのイニシャルペイントがポイントである。カジュアルなデザインで人気である。カラーはキャメルとエベヌが展開された。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・ミニ

Google

更新履歴