ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、エピのカラーバリエーション

スポンサードリンク

ルイヴィトン、エピのカラーバリエーション

ルイヴィトンエピのカラーにも歴史と意味がある。そのルイヴィトン、エピのカラーバリエーションの紹介である。初期に登場したエピの色彩は世界各地のナチュラルな色が取り入れできた。場所を連想させる色鮮は、ルイ・ヴィトンの永遠のテーマである旅を意味している。色彩には日本も二つ関わっていて、ルイ・ヴィトンと日本の繋がりを感じることが出来ます。

1985年の期カラーはクリール・ブラック、ケニア・ブラウン、ボルネオ・グリーン、トレド・ブルー、ナチュラル・ウィニペグである。
クリール・ブラックは深海の溶岩のカラーをイメージしている。別名でノワールとも言われている。フランス語では深海と海底火山で囲まれた千島列島を指している。

ケニア・ブラウンはサバンナの雄大な自然をイメージしたカラーである。アフリカの中部東側に位置するケニアを指している。

ボルネオ・グリーンは広大な熱帯雨林をイメージしたカラーである。赤道直下の島ボルネオに広がる熱帯雨林を指している。

トレド・ブルーは、スペインの古都トレドのタホ川をイメージしたカラーである。

ナチュラル・ウィニペグは、別名サーブルとも呼び、カナダのウィニペグに広がる高原をさしている。


1992年に登場したカラーはカスティリアン・レッドとジパング・ゴールドである。
カスティリアン・レッドとは、スペイン中部のカスティーリヤ地方の葡萄をイメージしたカラーである。
ジパング・ゴールドはマルコ・ポーロの東方見聞録の中からきている。黄金の国と表現されたわが国、日本をイメージしたカラーである。

1993年に登場したカラーはタッシリ・イエローである。北アフリカのサハラ砂漠奥地に位置する、アルジェリアの砂岩台地タッシリをイメージしたカラーである。


2000年に登場したカラーはライラック、ヴァニラ、ペッパー、モカである。
ライラックはライラックの花をそのままイメージした。ヴァニラは甘い香りのバニラをイメージしている。ペッパーはスパイシーな胡椒をイメージしていて、モカはそのままのイメージで香りと酸味が特徴のカラーをだしている。

2001年の春夏コレクションで登場したカラーはゴージャスなメタリックカラーだった。ギャラクシアの限定カラーはゴールドとシルバーである。2003年はオレンジのマンダリンと赤いルージュNM、2004年は青いミルティーユ、2006年は茶色のキャネル、2007年はホワイトのイヴォワールのカラーになっている。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、エピのカラーバリエーション

Google

更新履歴