ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、エピとは

スポンサードリンク

ルイヴィトン、エピとは

ルイヴィトン、エピとは1985年に登場したラインである。ルイ・ヴィトンが使用していた型押しのパターンをヒントにして1920年代に開発された。
エピ・レザーの特徴は、光の当り方で変化する光沢と、深みある色彩である。
フランス語で麦の穂を意味するエピは、風に揺れる稲穂のように見えることから名前が付いた。

エピの人気。
エピの人気は一時モノグラムを上回る勢いで注目を浴びましたが、次第に人気は落ちていった。
ヴェルニの発表でさらにエピの人気が低迷する。しかし、マーク・ジェイコブス氏はヴェルニを発表した後に、エピの改革に取り組みた。そしてエピの新しいデザインは以前の人気を取り戻した。

エピ模様スペシャルコレクション作品紹介である。

■ルイヴィトンエピプラージュ
エピプラージュは2001年の春夏に登場したラインである。フランス語でプラージュとは海辺を意味する。
半透明のビニール素材にエピ模様を施したデザインは初夏の人気となった。オレンジ、グレナディン、ココナッツの3色で展開されたバックである。

■ルイヴィトンエピギャラクシア
ギャラクシアは2001年の春夏にコレクションされたラインである。ゴージャスなシルバーとゴールドのエピ・レザーの組み合わせはギャラクシアのみで展開され衝撃を受けた。

■ルイヴィトンエピストレッチ
ストレッチは2003年に登場したラインである。その斬新さはスクエア状のエピ・レザーをストレッチ素材で繋いだデザインになっている。伸縮性を有する素材を使用したことで注目を浴びた。

■ルイヴィトンゼルダ・ライン
(通称エピZ)
1998年、ヴェルニ発表後にマーク・ジェイコブス氏がエピ改革として登場したラインである。
合成樹脂のハンドルが特徴になっている。このラインをきっかけに以前の人気を取り戻した作品である。

■ルイヴィトンサイバー・エピ
2000年のミレミアム限定として登場したサイバーエピである。レザーはブラックライトでルイヴィトンが浮かび上がる特殊コーディングになっている。

エピは2006年にマイナーチェンジする。その変化は金具をシルバー仕上げにし、スタイリッシュなイメージになった。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、エピとは

Google

更新履歴