ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・ヴェルニのお手入れ

スポンサードリンク

ルイヴィトン、モノグラム・ヴェルニのお手入れ

ルイヴィトン、モノグラム・ヴェルニの正しいお手入れについて。

ルイヴィトン、モノグラム・ヴェルニは光沢を蘇らせることにある。これがメンテナンスのポイントである。ヴェルニは光沢を出すため、表面がエナメル加工になっている。エナメル部分は見た目、表面がツルっとしていて汚れにイメージだが、実際には指紋やホコリが付着しやすい素材である。
長い間汚れをそのままにすると、手入れもしづらく、汚れも落ちにくくなるので注意して下さい。
またヴェルニは気候の変化に敏感である。暑すぎる日などは表面の樹脂が溶け、他の製品とくっつくことがある。また寒すぎる日は、エナメル部分がひび割れしたりすることもある。
湿度の高い中で他の商品とくっつけたりすると色移りすることもある。そして型押しされたようになることもあるので注意せよ。またエナメル製品は一度ついた色を落とすのが難しく、ヴェルニも台無しになるので気をつけてください。

初めにホコリや汚れを落とす時は、エナメルの表面全体を布で軽く乾拭きする。この時、必ず乾いた布を使用せよ。エナメル系の皮革用クリナーを使用する時は直接スプレーする。吹き付ける前に缶をよく振って下さい。円を描くように15cm〜20cm離してスプレーする。
クリーナーにはシリコンオイルやワックスがバランスよく配合され、エナメルの持つ美しさを蘇らせてくれる。ツヤ出しスプレーはスプレーした後に、少し時間を置いて乾燥させ、柔らかい布でしっかりと乾拭きせよ。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・ヴェルニのお手入れ

Google

更新履歴