ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイ・ヴィトンの素材の特徴

スポンサードリンク

ルイ・ヴィトンの素材の特徴

ルイヴィトンの素材の特徴である。いろいろな素材が使われているのでルイヴィトンの参考にしていただきたいと思う。

■レザー
レザーとは、あらゆる動物の皮革の耐久性、防腐性を化学的に処理したものを言います(皮革の総称)。

■カーフスキン
カーフスキンとは、なめらかな手触りが印象的である。生後6ヶ月以内の仔牛の革のことを言う。
素材はしっかりしていて高級素材と言われている。重さも軽く、薄くいカーフスキンは傷が少ないのが特徴である。

■スエード

豚、仔牛、仔山羊などの革の裏面部分をサンドペーパーでこすることで、独特の肌ざわりと質感のよさがでます。スエードとは、毛羽立てて仕上げた革のことを指する。毛足の長いものはベロアと呼ぶ。

■ヌメ革
ヌメ革とはタンニンでなめし、塗料仕上げや染色を施さない革のことをいう。
適度な厚みで柔らかいのが特徴である。ヌメ革は水分を吸い込みやすい素材なので用には十分に注意せよ。

■ハラコ
ハラコとはおもに仔牛の胎児の革を使った素材を言う。とても柔らかく、薄く出来ている。
デリケートな素材なので型くずれなどに十分注意して下さい。

■ヌバッグ
ヌバッグは、牛の表皮の表面を起毛させたものが多く、しっとりとしたベルベットのような感触である。
手触りはいいのだが、傷や汚れがつきやすいので注意が必要である。

■エナメル
エナメルは、なめしで繊維を引き締め、染料と合成樹脂で表面に皮膜を作り仕上げた素材である。
その品質はガラスのような光沢で革素材を指する。個性的な光沢が最も魅力である。

■オーストリッチ
オーストリッチとはダチョウの革のことである。羽を抜いた跡がオーストリッチの丸く突起している模様になっている。希少なので高級品とされているが、現在流通しているのは、養殖されたものがほとんどである。
■ゴートスキン
ゴートスキンとはヤギ革のことをいう。丈夫さとソフトさを兼ね揃えている。

■ピッグスキン
ピッグスキンとは豚革である。耐久性にも優れていて重さも軽い素材である。毛穴が特徴的である。

■ナイロン
ナイロンは耐久性があり色落ちしにくく、水にも強くできている。重さも軽い素材である。

■キャンバス
キャンバスとは麻などで目を粗く織った布を指する。独特の織り目が魅力的である。

■PVC
PVCとはポリ塩化ビニルのことを言う。弾力があって吸水性はない。
薬品には強いとされ、熱に弱く出来ている。ルイヴィトンのモノグラムキャンバスの素材は、エジプト綿のキャンバスにPVC加工されたものだ。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイ・ヴィトンの素材の特徴

Google

更新履歴