ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトンの保管方法

スポンサードリンク

ルイヴィトンの保管方法

ルイヴィトンの保管方法である。高価な品物なので大切に取り扱っていただきたいと思う。

バックや財布等の皮革製品の保管方法。

ルイヴィトン等の高級ブランドは、気候がヨーロッパに合わせて作られているものがほとんどである。
日本は夏、高温多湿となるので保管方法を間違えるとトラブルになる。保管するにあたって適度な間隔を保って下さい。そして空気のよい上段部分に保存するようにせよ。
ルイヴィトンの財布などは柔軟性が要求される。やわらかく柔軟性に優れた財布に使用される接着材は、乾いても固くならない接着剤である。そのため水分を吸収しやすい性質をもっているものが多く、湿気の多い日本では、接着材が水分を吸い取ってしまい、それが溶け出すことでシミになり、トラブルの原因になる。湿気の影響を防ぐために、空気の通りのよい上段に保管することが最適といえる。湿気には十分注意してくださいね。
収納用の箱に乾燥剤を入れる時に注意する点は、乾燥剤を入れすぎないことである。
購入時に入れてある乾燥材は捨てずに取っておくと、保管するときに便利である。ない場合は市販で売っている収納用乾燥材を使用せよ。乾燥剤で湿気をなくすことで錆から金具部分を守ってくれ、予防にもなる。
ただし、乾燥剤の入れすぎは注意して下さい。入れすぎると革の水分を吸い取り、革の痛みの原因になる。

空気の通りがよく、しっかり乾燥剤を使って保管することで、購入当初の輝きが維持できる。その他お手入れなどもきちんとすることでルイヴィトンのよさをいつまでも維持することが出来るであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトンの保管方法

Google

更新履歴