ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、リヴェットライン

スポンサードリンク

ルイヴィトン、リヴェットライン

ルイヴィトン、リヴェットラインは2007年の春夏で登場した作品である。特徴はゴールドのプレートと真鍮のスタッズのラインである。リヴェットラインは2種類で展開され、モノグラム・キャンバスバージョンとラムスキンバージョンがある。モノグラム・キャンバスのバージョンは定番化された作品で、デザインはマーク・ジェイコブス氏による物である。

モノグラム・キャンバスバージョンはリヴェット・バッグとポシェット・アクセソワールになる。
ルイ・ヴィトン、モノグラムリヴェット・バッグは内側に特徴がある。3つのコンパートメントに分かれ、実用的なバックである。サイズは35cm×22cm×17cmである。個性あふれるシックでかっこいいデザインになっている。

ルイ・ヴィトン、ポシェット・アクセソワールの特徴はモノグラムキャンバスにリベットとゴールドプレートが光っていてかっこいい、可愛いポーチになっている。パーティーバッグなどで使っても、とても華のある鮮やかなバックである。サイズは21cm×13cmとなっている。

ルイヴィトン、ラム・スキンバージョンはリヴェット・バッグになる。
このバックはリベット・バッグのラムスキンバージョンである。サイズは34cm×18cm×15cmでカラーはブロン
とノワールになっている。

どのバックのデザインにもプレートがポイントになっている。シックで高級感あふれるルイヴィトン、リヴェットラインはみなさんに愛されるバックの一つである。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、リヴェットライン

Google

更新履歴