ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・グラフィティバッグ

スポンサードリンク

ルイヴィトン、モノグラム・グラフィティバッグ

ルイヴィトン、グラフィティは2001年の春夏コレクションで登場したのが始まりとなる。
スティーブン・スプラウス氏とマーク・ジェイコブス氏とのコラボレートで制作された作品になる。
カーフ素材に大きなグラフィティを施した物と、モノグラム・キャンバスにグラフィティを施した作品の2種類でルイヴィトン、モノグラム・グラフィティが展開された。
グラフィティの始まりは、マーク・ジェイコブスの友人、女優シャルロット・ゲンズブールの家に落書きされたモノグラムのトランクを見てそこからインスピレーションを受けたのがきっかけである。
その後、友人である、スティーブン・スプラウスに依頼しこのデザインが誕生したと言われている。

スティーブン・スプラウスとは、アーティスト出身のデザイナーで、80年代の音楽シーンに影響を与えた偉大な人である。マーク・ジェイコブスとのコラボレート、グラフィティラインの作品で世界的に有名になる。のち、スティーブン・スプラウス氏は数々の名作を残し、2004年3月4日、50歳で死去された。

ルイヴィトンモノグラム・グラフィティバッグの種類はキーポル、スピーディ、ボワット・シャポー、ポシェット・アクセソワール、グラフィティ バッグ、アルマMM、アルマPM、アルマ・ホリゾンタルになる。

ルイヴィトン、グラフィティカラーバリエーションで実際に商品化されたカラーはシルバー、ピーチ、カーキ、ブラック、ベージュの5色になる。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・グラフィティバッグ

Google

更新履歴