ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム生誕100周年記念のデザイナー

スポンサードリンク

ルイヴィトン、モノグラム生誕100周年記念のデザイナー

ルイヴィトンモノグラム生誕100周年記念ではセブン・デザイナーズ コレクションとして7人のデザイナーがモノグラムのコレクションを手がけた。

1996年4月にルイヴィトンモノグラム生誕100周年を記念した祝典が、世界7都市で開催された。
その中で注目を集めたモード界を代表する7人のデザイナーは、ルイヴィトンのモノグラムをモチーフに作品をデザインした。その限定のコレクションがセブン・デザイナーズシリーズである。
各デザイナーがルイ・ヴィトンとは違った視点からデザインした作品は、モノグラムの新風になった。
7人のデザイナーはヴィヴィアン・ウエストウッド、ロメオ・ジリ、マノロ・ブラニク、アイザック・ミズラヒ、シビラ、ヘルムート・ラング、アズディン・アライアである。

イギリスのモード界に君臨するヴィヴィアン・ウエストウッドがデザインした作品はサック・フォ・キュである。身体のカーブにフィットするヒップバッグは日本で限定10個ととても希少である。
サイズはH24cm×W44cm×D31cmで販売価格は155,000円となっている。

イタリア人デザイナーのロメオ・ジリはフットボール型の巾着型ショルダーをデザインした。中に入れるもので、バックの形態を変えるフォルムが印象的なバックである。日本では限定120個が販売された。
サイズはH50cm×W27cm×D14cm、販売価格は105,000円となっている。

シューズ・デナイナーであるマノロ・ブラニクは小さなシューズケースをデザインした。靴を愛する女性のために作られたケースだそうである。日本では限定2個と超プレミアである。
サイズはH49cm×W49cm×D21cm、販売価格は525,000円となっている。

アイザック・ミズラヒがデザインしたバックはビニールのトートバッグである。ユーモアを感じさせるデザインはモノグラムのポーチが透けて見える新しいデザインである。日本では限定100個が販売された。
サイズはH45cm×W40cm×D20cm、販売価格は153,000円となっている。

シビラがデザインした作品はショッピング・イン・ザ・レインと名付けられたリュックである。
このバックのポイントはリュックに傘を装着することが出来、両手を自由に使える。日本では限定40個が販売された。サイズはH35cm×31cm×13cm、販売価格は125,000円となっている。

ウィーン出身のヘルムート・ラングがデザインしたものはミュージシャンのためのレコード用ハードケースである。レコードは70枚の収納が可能なケースである。他にCDなどが入りますよ。日本では限定2個の販売でとても希少である。サイズはH38cm×W36cm×D36cm、販売価格は665,000円となっている。

アズディン・アライアがデザインしたバックはしなやかなヒョウ柄のグラマラスなハンドバッグである。日本では限定100個が販売された。サイズはH29cm×W23cm×D15cm、販売価格は164,000円となっている。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム生誕100周年記念のデザイナー

Google

更新履歴