ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・キャンバスとは

スポンサードリンク

ルイヴィトン、モノグラム・キャンバスとは

ルイヴィトン、モノグラム・キャンバスとは1986年に誕生以来、ルイ・ヴィトンのシンボルとなっている。キャンバス地の素材は軽く柔軟で耐久性があり、完全な防水性で表面に傷がつきにくく丈夫である。
モノグラム・キャンバスのプリントは、みなさんが知っている、創業者のイニシャルであるL・Vをプリントしたデザインである。MONOGRAMとは英語で、文字を組合せることを指する。
しかし日本では本来の言葉の意味より、ルイ・ヴィトンの象徴になっている。このロゴは日本の家紋より由来しているとも言われている。

■ルイ・ヴィトンモノグラムキーポル60(M41422)

このモノグラムキーポルは1930年代に誕生した。キーポルはモノグラム・キャンバスの第1号のバッグとして登場したデビュー作である。機能的な新しいタイプのトラベルバッグはこの当時衝撃を受けた作品である。1924年の誕生当初、キーポールはコットン・キャンバスで作られていた。
旅行者たちに愛用され続けているルイ・ヴィトンを代表するバッグは、今も昔も変わることなく愛されている作品である。サイズは60cm×33cm×26cmとゆったりとした大きさである。

■2種類のモノグラム・キャンバス

モノグラム・キャンバスは大きく2つに分けることが出来ます。
一つは、しっかりと地面に立つハードタイプ。もう一つは素材が広がり、収納力が高くなるソフトタイプである。

モノグラム・キャンバスのバックは、FIFAワールドカップフランス大会記念の限定バックも発表している。1998年、限定3000個のモノグラム柄サッカーボールのデザインのバックはFIFAワールドカップフランス大会を記念して作できた。バックにはシリアルナンバーが刻印されている。
ルイ・ヴィトンはそのボールとともに多くの有名人との記念写真を一冊の本にまとめた。その収益をニセフに寄付したことで有名である。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイヴィトン、モノグラム・キャンバスとは

Google

更新履歴