ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイ・ヴィトンとは

スポンサードリンク

ルイ・ヴィトンとは

ルイ・ヴィトンの歴史は1821年から始まる。

創業者であるルイ・ヴィトンはフランスのジュラ県内、アンシェイに生まれた。
1835年、粉屋を営む家庭で折り合いがあわず、14歳の時、少しのお金とともに家を出た。その後徒歩でパリへと向かう。1837年、様々な仕事をしながら、2年間で念願のパリへ到着した。400キロにわたる道のりだった。
その道のりの中で、荷造り用木箱製造職人の見習いとして勉強している。

1854年、世界初の旅行カバン専門店を設立する。これがルイ・ヴィトンである。
この頃は輸送機関が発達していた時代だったので、従来型の丸いトランクに注目し、平たなトランクを開発した。これは積み上げることの出来るトランクを作ることで、要領よくスムーズに仕事が出来るといった点に目を向けたのである。
初めてのトランクは、防水加工を施した革より軽い無地のグレーのコットン素材を使用した。
グリ・トリアノン・キャンバスと言うものだ。これは、当時爆発的な人気になった。

1860年、生産が追いつかず、工場を拡大移転する。パリ郊外のアニエール市は現在も工場所在地となっている。

1880年、ジョルジュ・ヴィトンが2代目に就任する。

1883年、後に3代目となるガストン・ヴィトンがこの年に誕生する。

1888年にはダミエ・キャンバスを発表する。
ダミエ・キャンバスは、世界初の登録商標された商品だった。表面にブランド名を表示した点も世界初のことである。このダミエ・ラインは、1996年に再度復活し、現在も販売されている人気商品である。

1892年、この年、創業者のルイ・ヴィトンが死去する。

1894年、ベトナムでルイ・ヴィトンの製品が販売されアジアに進出する。

1896年は父ルイ・ヴィトンのイニシャルLVのロゴや、星、花を組み合わせた模様を開発した。これがモノグラム・キャンバスである。このモノグラム・キャンバスは日本の家紋から来たとも言われている。

1901年はモノグラム初のバッグが登場した。それがスティーマーバッグである。
この年以降より、自動車用トランク、飛行機用トランク、船旅用トランクなど、続々と製品展開を始めます。

1924年はキーポルを発表した。現在のスピーディ、ドーヴィルなどの原型である。


1959年は3代目にあたるガストン・ヴィトンが現在メイン素材で使われているモノグラムの素材、トアル地を発表した。木綿地に特殊なコーティングが施された素材である。この開発よりソフトタイプのバッグの製作が可能となる。

1981年はルイ・ヴィトン・ジャパンが設立される。この設立がきっかけで日本でもブレイクしていく。
1985年はエピラインを発表する。
1987年はモエ・ヘネシー社と合併、ルイヴィトン・モエヘネシーグループに変わる。最高経営責任者には、ファッション界の法王と呼ばれるベルナール・アルノーが就任。ルイヴィトンの躍進は尚も続いて行く。

1997年にはデザイナーであるマーク・ジェイコブスを起用したことで、モノグラム・ヴェルニラインの発表やプレタポルテ進出など、今までになかった大きな衝撃を与え、ルイ・ヴィトンのイメージが一新する。同時に靴製品の分野も展開する。

2000年はマイクロモノグラムライン発表する。

2001年は形や色の面で多様化が進み。グラフィティラインが登場する。

2003年はヴェルニ、モノグラム・サテン、メンズラインではヴォヤージュ・ミニラインなども登場し、ルイヴィトンは、止まるところを知りない。

スポンサードリンク

関連エントリー

ルイヴィトンの大辞典Top >  ルイヴィトン >  ルイ・ヴィトンとは

Google

更新履歴